英語力を上げる、留学前のやっておくべき勉強法5選!話せるようになるには?

スポンサーリンク

こんにちは、JUNです。

一昨年の留学前は、焦っていました。

英語をある程度勉強して行こうと決めたものの、何をすべきなのか分からず。

帰国後の今思えば、留学前の勉強や準備は、とても大事でした

 

今もし過去の自分にアドバイス出来るなら、こんなアドバイスをしたい。

『スピーキングとリスニングを鍛えろ!』

 

後悔しても過去は変えられませんが、教訓から学ぶことはできます。

それと同時にもっと英語力を伸ばせたのにと感じています。

そこで私の経験から今回は、留学前のやっておくべき勉強法5選を挙げてみました。

特にこれから留学やワーキングホリデーを考えている方へオススメします。

1、耳を慣れさせる

第一に、相手の言っている事が分からなければ、会話は成り立たちません。

ですから、まずは自分の耳に、その言語を慣れさせるのが重要です。

 

じゃあ何をすればいいか、結論から言うと、『聞きまくる』ということです。

極端な話、聞こえてくる音をすべて英語にしちゃいましょう。

何気なくつけているテレビ、音楽、ラジオ。

 

ここで重要なのは英語字幕で音とフレーズを認識させる、結びつけるという作業。

今なんて言ったのか、確認していく。

話し言葉と書き言葉は別物だからです。

 

最初は分からなくても大丈夫です。

誰もが最初は初心者です。

最初は英語字幕を使って、どんどん聞いていきましょう。

観る動画はなんでも良いですが、出来ればあなたが好きなもの。

 

Youtube でも英語を学習に良いチャンネルはたくさんありますが、

私のオススメは『Voice Tube』というサイトです。

何よりもまず、動画の横に字幕が表示されているので、見やすい。

そして、動画の検索機能が充実しているということ。

初級、中級、上級、日本語、などが書いてあり探しやすいです。

 

オススメは短い動画を使っての学習です。

1、字幕なしで聞いてみる。

2、英語字幕で聞いてみる。

3、英語字幕+日本語字幕で聞いてみる。

4、英語字幕でシャドーイングする。

5、英語字幕を独り言する。

 

 

こんな感じで学習していき徐々に慣れていきます。

2、独り言を言う

これは喋れるようになるには、実は意外と知られていない『超オススメの方法』

 

なにより喋れるようになるには、『喋りまくる』ことです。

独り言のメリットとしては、

  • 自分のタイミングでいつでも、どこでも練習出来る
  • 間違えても恥ずかしくない

教材は自分の好きなもので大丈夫です。

ネイティヴがよく使うフレーズや言い回しを重点的に練習するのが望ましいです。

 

私のオススメのアプリは『リアル英会話』

ネイティヴがよく使うフレーズや言い回しが厳選されていて、かつ例文も素晴らしいです。

毎日フレーズは更新されているので、ずっと使い続けやすいのも魅力的。

料金はかかりますが、月額制ではないので、アプリをダウンロードして以降はお金はかかりません。

 

独り言の際にオススメの学習法があります。

シャドーイングという方法です。

音が聞こえたら、その音を追いかけるように話していくもの。

発音、リズム、イントネーション、間合いなど真似することで慣れていきます。

スピーキングの向上が目的ですが、リスニングの向上にもつながります。

3、オンライン英会話

スポンサーリンク

東京オリンピックが2020年にありますし、外国人観光客は年々増えています。

近い将来日本でも、英語を話せる人口も増えていくことでしょう。

 

日常の中で、英語を使って話す、というシチュエーションはあまり無いかもしれません。

学生なら長期間の留学など、時間を作りやすいです。

しかし社会人にとっては、英語学習の時間の確保は簡単ではないでしょう。

忙しい社会人にも簡単に学習時間を作る方法があります。

『オンライン英会話』です。

現在はたくさんのオンライン英会話サービスがあります。

月額5000円程のコストで、充実したオンラインレッスンを受けることが可能です。

多くの留学エージェントやフィリピン語学学校なども、留学前にオンラインレッスンをすすめています。

留学前のトレーニングには最適でしょう。

4、日記を英語で書く

日記を英語でなんて無理!なんて声が聞こえてきそうですが、心配ありません。

最初は簡単な英文、自分の書ける範囲から書いていきます。

自分の考えや伝えたい事を文章にするというのは、とても重要なことです。

ライティングを伸ばすには効果的です。

文章を作れる、ということはそれを会話の中でも思いつき、口に出すことが出来るということ。

 

オススメのサイトは『Lang-8』というサイトです。

自分の書いた日記などの文章を、ネイティヴのユーザーが添削してくれます。

お互いにネイティヴ言語を教えあうことができるサービスです。

添削してもらってから、自分の作文ミスがあると思います。

何よりも良いことは、自分の間違いに気づけるということ。

そして、継続して練習することが大事になってきます。

5、自分の先生となる人を見つけて仲良くなる

ここまでやってきた学習法は、正直なところ1人でも出来ます。

しかし、コミュニケーションは人と人の間にあるもの。

やはり実際に誰かと話すのが、1番上達します。

 

自分の身近な人でネイティヴの人がいたら、積極的に声をかけていきましょう。

会話をする中で、リアルな表現や言い回しが感じられます。

もし周りにいなくても、大丈夫です。

ランゲージエクスチェンジ、国際交流パーティー、Meetupなどの英語ネイティヴとの交流機会はたくさんあるのです。

チャンスに自分から飛び込んでいきましょう!

昔から言われていることですが、外国人の恋人を作るのも良い方法です。

いずれにしても英語学習者にとっては、実際のコミュニケーションでの英会話は挫折の連続です。

 

何度も悔しい思いをすると思いますが、重要なのは『わかったフリをしないこと』です。

ネイティヴ同士でも、聞こえなかったり、言ってる意味がわからないこともあると聞きます。

大切なのは聞き返したり、わかりやすい言い回しでお願いしたりすること。

大切なのは、積極的にコミュニケーションをする姿勢です。

まとめ:話せるようになるには、留学前の準備次第!

いかがでしたか?

留学やワーキングホリデーなど、海外生活に挑戦する方にはこれだけは言っておきたいです。

『日本にいる間に、できる限り英語力を高めよう!』

間違いなく、その後の海外生活で楽しみ方が違ってきます。

 

コミュニケーションをとれること、言いたいことを言えること。

これらは慣れるしかないのです。誰だって、ある程度の時間が必要です。

そして将来自分が話せるようになりたいなら、いつやるか今でしょ!

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA