シドニーでの交通機関の利用はオパールカードがお得!

スポンサーリンク

こんにちは、オーストラリア、シドニーでワーキングホリデーを終えて帰国した chan bei です。

シドニーでは約1年間滞在して、11ヶ月間、同じ会社で働いていました。(ワーキングホリデービザは同じ場所に半年まで勤務可能)

ビザの規則を大幅にすぎていますが・・・会社に別支店勤務ということにして頂き、引き続き同じ場所で働くことが出来ていました。

 

仕事で交通機関を通勤で毎日のように使っていた私ですが、日本にいる時とほぼ変わらない感覚で、電車やバスを利用出来ていました。

それはオパールカードを持っているからなんです。

 

そこで今日は、オパールカードの特徴を紹介しようと思います。

 

オパールカードとは?

 

オパールカードとは、シドニー近郊でのみ使える交通機関用のICカードです。

日本にある『Suica』や『Pasmo』や『Icoca』などのカードのようなものです。

バス、電車、フェリー、ライトレール(路面電車)で利用出来ます。

しかし、それら日本のカードと違う点は、交通機関のみに利用可能という点です。

カード社会のオーストラリアでは、カードで買い物をする人がほとんどですが、

オパールカードを使って、コンビニやスーパーマーケットで買い物をすることは出来ないので、その点

は注意が必要です。

 

オパールカードのメリット

スポンサーリンク

・Off peak(オフ・ピーク)の時間帯は30%割引! *ピーク時はラッシュアワーの時間帯(7〜9am,4〜6:30pm)です。

・週8回以上利用で、それ以降の利用料金は半額!

・1日の引かれる上限金額$15、1週間に引かれる上限金額$60

 

 他にも細かいメリットはありますが、ざっくりとこんな感じです。

オパールカードは便利でお得なんです!

オパールカードの使い方

 

使い方は簡単、改札でカードをタッチするだけです。

ちなみに、カードを使う際にするアクションをこちらではそれぞれ、

Tap on=  改札に入る

Tap off= 改札を出る

Tap up=チャージ

と言います。

 

基本的には、オパールカードにお金をチャージして使います。

チャージ方法は3つ

1、ネットから自分のページでクレジットカードやキャッシュカードを登録し、チャージする

2、駅の発券機にてチャージ

3、コンビニなど Tap up のマークのあるお店でチャージ

以上が主にチャージする方法となっています。

 

お店でチャージしたい時は、店員さんに『Tap up, please』と言えば大丈夫です。

そしたら、いくらチャージしたいか聞かれるので、自分が入れたい金額を言って支払いをします。

支払いはカードでも現金でも構いませんが、毎日乗るなら多めにチャージするのがオススメです。

なぜなら、駅でチャージしようとすると、発券機の前で並ぶことが予想されるからです。

僕が思うに、シドニーの駅はどの駅も 『発券機少ない!利用者数に対して台数が!』と感じます。

発券機1台に並ぶ行列を何回見たことか。。。

長期滞在者にとってみれば当たり前ですが、シドニーに観光などで行く際は気をつけてみてください。

 

オパールカードで交通費をお得にしよう!

いかがでしたか? シドニーに行く際には、交通機関で利用できるオパールカードを是非持ち歩いて、

使ってみてください。

*ちなみにタクシーでは使えませんので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA