意外と重要な留学中に使う英単語

スポンサーリンク

英語を話せるようになりたい、英語がペラペラになりたい。

これらは、英語初心者なら誰もが思うことだと思います

そして多くの方は留学して語学を身につけます。

 

しかし、全然英語が出来ない、何もわからない状態で行くのは非効率、あまり上達は望めません。

最低限の意思疎通が出来てこそ、会話は成り立つもの。やはり留学前の知識のインプットはとても大事だと感じています。

そして、留学中は出来るだけアウトプットに特化すべきです。

なぜなら、留学中に単語や文法を覚える時間はあまりないからです。それらは日本にいる間に出来ることなのです。日本で出来る事は、出来るだけ日本でやる方がいい。

せっかく貴重なお金と時間を無駄にはしたくないものです。留学費用はどの国を選んだとしても、高くついてしまうものですよね。

現在はオンライン英会話や英語アプリなど、英語の学習コンテンツが非常に多くあり充実しています。

ひと昔前の時代の英語教材や、英語環境の作りやすさなど比較してもやはり、より英語を勉強しやすい時代になってきていると思います。

 

 

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_s

さて仮に、留学先に到着したとしましょう。待ちに待った、あなたの留学生活がスタートします。

スポンサーリンク

 

しかし、意外と見落としがちな単語があなたを待っているかもしれません。

英語での文法用語

 

英語の文法用語って意外と忘れがちです。

当然、授業中先生は日本語を話すわけではありません、すべて英語なのです。

『文法用語』を英語で理解していないと授業の理解度も低下してしまいます。

もちろん、基本的な英単語もすごく重要ですが、先生が説明する、先生が使う『文法用語』は留学前に覚えておいて損はないです。

 

 

自分はこれらの用語を知らないまま授業を受け始めたので、最初はすごく苦労しました。

一見、難しそうに見える文法用語も、覚えてしまえば、留学中の勉強がよりはかどる事でしょう。

では、どこまで文法用語を知っておいたほうがいいのか?

そこで、最低限の文法用語を上げてみたいと思います。

 

覚えておくべき文法用語

文を構成する用語は、見た事ある方多いと思います。

まずは基本的な用語です。

 

名詞 noun

主語 subject

動詞 verb

形容詞 adjective

副詞 adverb

目的語 object

前置詞 preposition

冠詞 article

不定詞 infinitive

動名詞 gerund

接続詞 conjunction

比較級 comparison

単数形 singlar

複数形 plural

 

文の時制の表現です。

 

現在形 simple present

現在進行形 present continuous

現在完了 present perfect

過去形 past (simple past)

過去進行形 past continuous

過去完了 past perfect

未来形 future

受身 passive

仮定法 if clauses

関係代名詞 relative clauses

 

最低限のものを上げてみました。

是非、これから留学をする方、留学を検討している方は参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA