フィリピン留学

スポンサーリンク

IMG_0212

ついに日本を発ちました。現在、フィリピン セブで留学しています。フィリピンに来て1週間になります。

この時期は大学生が休みでないため、学生の数もフィリピン全体でみても少ないとの事。思っていたよりも社会人や年配の方が多いなぁと思いました。

国籍や年齢も様々で、もう一度学生に戻った気分です。

私の学校はセブにあり、空港があるマクタン島という所にあります。観光客が多く訪れるリゾートエリアに位置しています。

学校に関しては後々詳しくアップしたいと思います。

なぜ、フィリピンへ?

ずっと前からしてみたかったフィリピン留学。

オーストラリアでワーキングホリデーをするにあたって、近年ではフィリピンで事前に語学力をつけていく人が多いです。この流れを「2カ国留学」と言うそうです。

フィリピンでまずは英語の土台を作り、そして他の国へワーホリへ行く。ワーホリをする人の中でちょっとしたトレンドになりつつあります。

なぜなら、マンツーマンである事と、他の欧米諸国への留学に比べて費用が安いからです。コストパフォーマンスは高いと思います。

 

フィリピン人の英語

さて、肝心の授業の内容ですが、主にスピーキング、リスニング、発音を重点におき勉強しています。授業カリキュラムも人それぞれに変更可能です。

フィリピン人の発音は皆さんが思っているよりクリアだと思いますし、彼らもネイティブではないため、英語を学ぶ人の気持ちがわかっています。

スポンサーリンク

そのため、教え方が上手いですし、生徒それぞれの弱点も指摘してくれます。

初日にオリエンテーションを受けレベルを確認するテストを受けました。リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングをテストされました。

結構勉強してきたつもりでしたが、結果はビギナークラス。個人的にはちょっとショック。

初日はウェルカムパーティーなどがあり、次の日から本格的に授業が始まっていくという流れです。

 

1週間は早い

来たのが昨日の事のように、あっという間の1週間でした。

一日中ずっと英語を喋っているのですごく疲れます。留学を考えている方はのど飴など、喉のケアは準備した方が良いです。

1週間の授業を受けての感想は、英語で会話する事に対しての抵抗感はなくなってきているのが、正直なところ。ただ、もう少し日本で勉強してくるべきだったなぁと感じています。

具体的には聞かれている質問の意味はわかるけど、答えられない自分がもどかしい。

正確には言いたいことが英語で言えない、という感じですごく悔しい気持ちです。

留学を考えている方は文法を言いたい事が言えるレベルまで仕上げて来ると良いと思います。

 

継続は力なり

でも今は、この悔しい気持ちがいいモチベーションとなっています。

自分の留学期間は2ヶ月。目標はオーストラリア到着時に、困らないくらいの力をつけること。

もちろん、オーストラリアでも勉強していきます。実際、語学を学ぶというのは継続が大事。

すべてはこれからの自分次第だと思っております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA