海外で特に日本人の強みを生かせる職業3選

スポンサーリンク

フィリピン留学まで2週間と迫っているところで、いろんな準備に追われています。

 

海外で暮らす人たちのブログを見て、持って行く物を参考にさせていただいております。これはすごく助かっていて、やっぱり体験談はすごく貴重な情報だなぁと思いました。

ところで、海外で暮らす上で誰もが不安になるのが現地での就職についてだと思います。

現地の言葉を理解することはやっぱり重要ですが、スキル次第でも働ける可能性はありますし、実際に私の先輩も海外就職を実現させました。

そこで今日は海外で特に日本人の強みを生かせる職業を紹介したいと思います。

6ca870f0013d540e791d68fa376fef2c_s

1、寿司、和食料理人

世界中で人気の日本食、あらゆる都市にジャパニーズレストランがあり、求人があります。

2013年12月には『和食』がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも話題になりました。

韓国人や中国人経営のお店も多いのですが、日本人経営のお店もありますし、世界中どこでも働ける職業の1つだと思います。

スポンサーリンク

ちなみに私もこれに当てはまります。

 

2、日本語教師

マンガ、アニメなどをきっかけにして日本語に興味を持ち、日本語を学び始める人が増えています。

2020年の東京オリンピックの開催により、さらに需要が増えると言われています。

言葉だけではなく文化やマナーなども教える、とても魅力的な職業だと思います。

特に東アジア、東南アジアに求人が多いようです。

 

3、美容師

海外に住む日本人が増えるなかで、意外と求められる美容師。

やはり現地に住む日本人女性は、日本人美容師に髪を切ってもらいたいというのが本音だそうです。細かい言葉のニュアンスで髪型も変わってくるからでしょう。

美容師として働くには、その国のお客さんも対応していかなければいけないので、現地の言葉の習得は必須だと思います。

 

手に職はないよりある方が安心

もちろん、これら以外にもいろんな仕事があり、様々な分野で日本人の方は働いていらっしゃいます。

日本にない仕事もたくさんあるので、その場合は現地で学んで職歴を積んでいく必要があるでしょう。

しかし、『金なしコネなしスキルなし語学力なし』から頑張って海外就職を実現した友人を知っているので、個人的にはどんな仕事でも行動力次第で誰にでも可能性はあると思います。

もし日本でも経験が出来るのであれば、これから海外就職を目指す方は『現地の言語+世界で通用するスキル』を少しでも身につけて行くと、不安がより少なくなるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA