わずか11日で入手!オーストラリア無犯罪証明書の申請から取得まで

スポンサーリンク

こんにちは、カナダワーキングホリデー申請中のchan bei です。

ビザ申請って、皆さんどんなイメージをお持ちですか?分かりにくい、めんどくさい、複雑なイメージがありますよね。でも今の時代ちょっとググれば(調べれば)、自分で出来てしまうんです。

自分自身の力でやる事で、必要最低限のお金で渡航する事が可能になります。英語力に少しでも自信があれば是非トライしてみるとイイと思います。エージェントに高い費用を払う必要は全くないと思います。

カナダワーキングホリデー申請時において、すでにオーストラリアワーキングホリデーを経験している場合、カナダ政府から追加書類を求められる可能性があります。

 

それは、『オーストラリア無犯罪証明書(National Police Certificate)』です。

 

この記事は、カナダワーホリの前にオーストラリアワーホリを経験していた方、またはその他の理由でオーストラリア無犯罪証明書が必要な方にも、参考になると思います。

オーストラリア無犯罪証明書がすぐに必要だった

日本帰国後、その日のうちにカナダワーキングホリデービザを申請しました。

するとなんとビックリ、翌日、

『招待状(Invitation)』が届いていました!(抽選に通った!)

 

抽選には2〜3カ月の時間が必要かもしれないと予想していたので、驚きでした。

承諾し、申請を進めて書類などをアップロード、支払いをして完了。

 

 

しかし念のため急いで、同じ日にオーストラリア無犯罪証明書(National Police Certificate)の申請をしました。

なぜなら、申請のある時点において必要な追加書類だという情報を聞いたことがあったからです。(オーストラリアにワーキングホリデーで長期滞在していたので)それが届く日数を逆算し、提出期限に間に合わせる必要があることに気づく・・・。

 

実際に無犯罪証明書申請後、メールにてレシートとは別にもう1通のメールが届きました。

メールによると、証明書はオーストラリア国内郵便で3〜7working days、国際郵便では10〜20working daysの時間がかかるとのことでした。

数日後、案の定カナダ政府から『追加書類としてオーストラリア無犯罪証明書を提出してください』とのメールがありました。しかもよく見ると提出期限は約1カ月先の日付・・・汗。(あれ?これ間に合うのかな?大丈夫か?)

20working daysかかるとしたら、4週間つまり約1カ月かかってしまうという計算になります。(土日を含まない月曜日〜金曜日で5営業日という数え方)

 

もし国際郵便でトラブルや遅れがあったりして、1カ月以上かかってしまう場合、カナダ政府から提示された提出期限に間に合わない可能性がありましたが、結局は間に合ったので良かった。

スポンサーリンク

 

申請方法解説

1、Australian Federal Police(AFP)のホームページへ。Application portalの下のURLをクリック。こちらから直接どうぞhttps://afpnationalpolicechecks.converga.com.au

2、リストから提出可能な書類を選択して、合計100ポイント以上にする。

3、同意書をダウンロードし、プリントアウトする。日付と署名(サイン)を用紙へ書き、スキャナーでデータに取り込み、それをアップロードする。

4、名前、生年月日、メールアドレス、取得の目的、を入力する。『Purpose of Type』は『Commonwealth Employment』を選択し、『Purpose of Check』は『35-Overseas Employment/Visa』を選択する。(カナダワーホリ申請で必要な方は35を選択)

5、2の時点でリストから選択した書類をアップロードする。

6、郵送先住所を入力する。

7、クレジットカードで42ドルを支払い。(2017年1月現在)

以上です!

 

バンクステイトメント入手しておくのがオススメ!

 

書類の選択時において、100ポイント以上が必要になりますが、誰もが持っているであろう物は、

  • パスポート(70ポイント)
  • クレジットカード(25ポイント)

しかし、これらだけでは95ポイントなので、なんとかして合計100ポイント以上にしなければなりません。

 

取得しやすい書類の候補としては、

  • オーストラリア免許証(40ポイント)
  • オーストラリア学生証(40ポイント)
  • バンクステイトメント(25ポイント)
  • 公共料金請求書[電気やガスなど直近12カ月以内](20ポイント)

などが挙げられると思います。この中で持っているものから選択すると良いと思いますが、1番のオススメはバンクステイトメントです。

なぜならこの候補の中で、おそらく誰もが入手可能であり、無料で手に入るので。

もし日本から申請する場合、帰国前にバンクステイトメントを取っておくのが良いと思います。

 

まとめ:申請から届くまでは、11日間でした!

実際に申請してから、自宅に届くまでかかった日数は11日

約1カ月くらいかかるだろう、と思っていたので意外に早く入手出来てビックリしました。

詳しくカレンダーで数えてみると、7working days(7営業日)で国際郵便で届いたことに!

しかし、ビザや重要書類の申請は、時間の要すものであり、スムーズに進まないことも少なくないです。

期限ギリギリではなく、期間に余裕を持って申請することをオススメします!

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA